毎週1点的中をお届け!

初心者でも、経験豊富な方でも、1点で馬券を買うことは、やろうと思えば誰でもできます。

的中した際の回収率が破格なので、ご自身でも1点に絞って買いたくなる時があるでしょうし、様々な情報会社から『1点勝負』の誘惑があるかも知れませんが、ハッキリと申し上げます。

【馬主の1点勝負情報】に
便乗した方が
何倍も当たって儲かる筈です。

その理由は簡単。馬主の立場を考えてみて下さい。

  • 馬主は、
    電話一本で関係者から真の情報を集められます。
  • 馬主は、
    権力を駆使して情報を集め堂々と馬券を買えます。
  • 馬主の中には、
    調教師や騎手を思い通りに動かすこともできる
    人物さえいます。
  • 馬主の中には、
    マスコミに圧力をかけ
    印を動かすこともでる人物さえいます。
  • 馬主の中には、
    JRAに対して影響力を持つ人物さえいます。

これだけの状況が揃っていれば「的中が大前提」と言えるような1点勝負情報があっても何ら不思議はありません。

その証拠に、馬主情報を専門に扱う【トップシークレット】では、ホボ毎週、1点勝負で会員の皆様に的中馬券をお届けしています。

週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【東京HR】の勝負馬レッドルゼルに白羽の矢。前走の端午Sでは7着に敗れてしまったが、いつもより一列後ろの位置取りとなってしまった上に、前残りの展開では仕方なし。その後は放牧に出してリフレッシュ。「当初は来週の出走も考えていたが、あまりにも具合が良いので今週使う事にした。距離短縮もプラスになると思うし、これはイキナリから勝負だよ」と、関係者も出たトコ勝ちを狙っている。

対抗には【陳立文】オーナーの勝負馬オリオンパッチを抜擢。「前走は完全にデムーロのヤラズ。それに、勝ち馬モンペルデュは土曜にオープンを勝ち、2着のデザートストームも3勝クラスを楽勝と相手が悪かった。代替開催になった事でルメールを確保できたので、このチャンスを生かしたい」と関係者。2走前にはレッドルゼルに先着しており、スムーズなら逆転も。



ここは【三嶋牧場】の勝負馬リンシャンカイホウを狙い撃つ。新潟千直は勝ち星こそないものの、三度馬券に絡む好走を見せている。唯一崩れた春の新潟はゴールデンウィークの渋滞に巻き込まれて馬体重が大幅に減っており、レース前に体力を消耗しきったもので参考外。2勝クラスで結果が出ていなかったが前走得意の千直で復調を印象づけた。前走より2キロ軽い斤量に加え大外枠を引けたのも好材料。「この条件がベスト。最後まで集中力が持続すれば好勝負!」と関係者。

対抗には【浅川皓司】オーナーの勝負馬ヒロイックアゲンを推奨。こちらも新潟千直では連対を外した事のない千直巧者。前走は不利な内枠ながら上がり最速の脚を使い2着を確保。メンバー最速の持ち時計の持ち主でもあり、馬場が乾いてきたのは好材料。最終レースまでに良馬場まで回復すればさらに条件は有利になる。「前走後シッカリ休ませて疲れは取れた。条件はベストなのでイキナリから楽しみ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬アルーシャを狙い撃つ。「前走は大外枠で壁を作れず流れに乗りきれなかった。この条件は合ってるし巻き返す」と関係者。昨年3連勝でオープン入りし、京都牝馬Sでも差のない競馬と、オープンでのメドは立っている。昨日、史上2人目となるJRA通算2万1千回騎乗を達成した蛯名が追い切りに跨がり、万全の仕上げ。1Fの距離短縮と1キロの斤量減で巻き返す。

対抗にも【サンデーR】の勝負馬デアレガーロを推奨。「今のこの馬には千二は短いですね。ベストはやっぱり千四でしょう。状態の良し悪しが分かりやすい馬で今回は良いですよ。前走のキーンランドCの時よりデキが良いので走ると思います」と関係者。

本命馬アルーシャとは京都牝馬Sで直接対決をした上で重賞勝ちしているように実績時には同馬が上。当時より斤量面でアルーシャと3キロの差がついており対抗評価に留めたが【サンデーR】の勝負馬同士での親子丼決着が濃厚。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【キャピタルS】にとって今週は勝負週。土曜は残念な結果に終わったが『今週一番』は、このモズスーパーフレア。前走の北九州記念では4着に敗れたが、プラス26キロと太目の馬体に加え3番手からの競馬。関係者が『叩き台』に徹していた事は明白。「中間は全て思い通りにきており満足のいく仕上がり。逃げてこその馬なので、今回は何が何でも行かせる予定。32.3秒で入ってそのまま押し切ったオーシャンSのような競馬ができれば逃げ切りも十分」と関係者。

秋の中山開催では、本日の中山2Rを含め合計11鞍の芝1200m戦が行われたが、逃げ馬は1勝2着5回3着2回と『連対率54.5%&複勝率72.7%』の好成績。松若が迷わず行けば結果はついてくる。

対抗には、前走のキーンランドCを快勝。4着に敗れた高松宮記念からひと回り成長した姿を見せた【ダノックス】の勝負馬ダノンスマッシュを推奨。初コンビを組んだ川田も「あまりいい形ではく苦しい競馬だったが、それでも勝つのだから力がある」と、GI獲りへ確かな手応えを掴んでいた。「高松宮記念は、内を通った馬が上位を独占する中で、外を回ったのが痛かった。ハッキリ言ってジョッキーの腕の差で負けたようなもの。リーディングジョッキーを配して臨む今回は春以上の結果を期待したい」と関係者。さらに厩舎サイドからは「4歳時のロードカナロアに似た雰囲気がある」との声も聞こえている。

また、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】でも触れているように、全妹の『スピニングワイルドキャットの18』が【ロードHC】の『2019年度1歳募集馬』に名を連ねており、その母体であるケイアイファームの関係者も力が入っている。

前走のセントウルSをレコードで勝利し、サマースプリント王に輝いた【ゴドルフィン】の勝負馬タワーオブロンドン。グランアレグリアが出走を回避した事でルメールが連続騎乗となるのは心強い限り。「サマーシリーズを3回使ったが、身のこなしに硬さもなくデキ落ちはない。中山は初めてでも、阪神を得意にしている馬なので難なく対応できると思う」と関係者。



スプリンターズSにマルターズアポジーを出走させる【藤田在子】オーナーの『GI裏』の大ヤリ情報馬マルターズディオサを狙い撃つ。新馬戦は2着に敗れたものの、相手が新潟2歳Sを勝ったウーマンズハートなのだから仕方なし。前走はて最後方からまとめて差し切る豪快な競馬。走破時計は新潟2歳Sを上回っていた。「今回が3走目なので大きな上積みはないが、中間は至って順調にきている。ゲートも練習してきたので前走よりは上手に出ると思うし、先々が楽しみになるようなレースを見せて欲しい」と関係者。

対抗には、看板馬ディアンドルのスプリンターズS出走に合わせ、土日合計12頭の所属馬送り込んでいる【シルクR】の勝負馬ギルデッドミラーを推奨。「デビュー戦で内にもたれるところがあったので、ハミを換えたら稽古でも真っ直ぐ走れるようになった。放牧効果で馬体に幅も出て確かな成長を感じる。今回は、デビュー戦からもう一段階上の競馬が見せられると思うよ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【サンデーR】にとって今週は勝負週。看板馬のGI&重賞出走に合わせ、平場&特別戦にも多数の勝負馬をスタンバイさせている。

そして、このルガールカルムも、関係者が桜花賞の殿負けから巻き返しを誓っている勝負馬。「桜花賞は相手が強かったのも確かだが、アネモネSの反動で状態が下降線を辿っていた。その後は放牧に出して立て直し、久々でも太目感なく仕上がっている。OPを勝った馬が3勝クラスに出られる訳だし、古馬相手でもここは取りこぼせない」と関係者。

対抗には【吉田和美】オーナーの勝負馬モアナを推奨。「コンスタントに使っているが、放牧を挟みつつなので馬は元気一杯。最近は短いところを使っているので、脚の使いどころと折り合いがカギになるが、マイルも守備範囲なので圏内は外さないと思うよ」と関係者。



中山馬主協会の重鎮【里見治】オーナーの勝負馬サトノフォースが巻き返す。前走で8着と人気を裏切ってしまったが、札幌の小回りコースが合わなかった上に、勝負所では外から被されて動くに動けず。まともに競馬ができなかった。「涼しくなるにつれ状態はグングン上がっている。テンションが高く乗り難しい面はあるが、まともに走ればここでは力が違う」と関係者。

対抗には【シルクR】の勝負馬ブレイブメジャーを推奨。「直線でパッタリ止まってしまった内容から、前走は距離が長かった様子。休み明けの今回は、万全のデキとはいかないが、2勝クラスでは地力が違う」と関係者。



16着に大敗した前走のNHKマイルCから一変を誓っている【前田幸治】オーナーの勝負馬イベリスを狙い撃つ。その前走は、初めての東京遠征で物見が激しくハナを奪うまでに脚を使ってしまい、直線では馬場が緩くなっていた内目を選択。元々、距離もギリギリであったこも考慮すれば参考外の一戦と言える。「ジョッキー騎乗だったとは言え、今週の追い切りが素晴らしい動き。仕掛けてからの反応も良く、休み明けでも状態面に不安はない。開幕週だし、軽量をいかして積極的な競馬から粘り込みを狙いたい」と関係者。

対抗には、3回目のスプリント挑戦に加え、斤量57キロで重賞勝ちのある阪神へのコース替わりと、あらゆる条件が好転する【ゴドルフィン】の勝負馬タワーオブロンドンを推奨。札幌から中1週での競馬となるだけに状態面が気になるところだが、関係者は「稽古も動いているように全く問題ない。疲れやデキ落ちの傾向があれば使わないし、むしろまだ上積みがあるくらい」と不安を一掃。ルメールはスプリンターズSで同厩のグランアレグリアに騎乗する事が内定しており、この馬にとってはサマースプリント王のタイトルがかかるこのレースが目イチとなる。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬アガラスに確信の本命印。ダートにお試し挑戦した前走は参考外。芝替わり+自己条件からの再出発となるここは取りこぼせない。「春にはレベルの高い重賞で上位を争っていた馬。距離もマイルが一番良いし、休み明けでも一発目から」と、関係者も出たトコ勝ちを狙っている。

対抗には【山口功一郎】オーナーの勝負馬アントリューズを推奨。直線でド真ん中を豪快に伸び、あっと言う間に後続を3馬身ちぎった前走が、力の違いを見せつける競馬。「ジャッジの辛い田辺Jも、この馬はかなり高く評価してくれている。休み明けでも仕上がりは文句なく、決め手は昇級のここでも十分に通用する」と関係者。



1年ぶりでもキッチリ仕上がった【馬場幸夫】オーナーの勝負馬アンブロークンを狙い撃つ。1年前の新潟2歳Sでは、NHKマイルC2着馬ケイデンスコールとクビ差の接戦。条件クラスでは元値が違いすぎる。「特に目標を定めず、良くなるまでジックリやってきたので、久々でも力を出せる仕上がり。気性的に久々は苦にしないし、ここでは力が断然上でしょう」と関係者。

対抗には、前走で【馬連920円&3連単2万2130円】の完全的中に貢献した【木村廣太】オーナーの勝負馬ネリッサを推奨。距離を千四に縮めた前走が鮮やかな差し切り勝ち。「今回は舞台が外回りの千六に変わるが、前走が少し忙しいくらいだったので丁度いいと思う。昇級のここでも決め手は見劣らない」と関係者。



6週間で行われる夏の小倉開催も残り2週。次の開催は来年になるだけに、今週と来週の小倉開催には、オーナーの地元開催に勝利を義務付けられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。小倉ご当地馬主【竹園正繼】オーナーの勝負馬テイエムクロムシャも、関係者がオーナーの地元開催で連勝を狙っている1頭。「千八だとどうしても最後に脚が上がってしまうが、千七なら粘りが利く。引き続き具合いは良いし、鞍上も手の内に入れているので、昇級でも互角以上に戦えると思う」と関係者。

対抗には【椎名節】オーナーの勝負馬タイサイを推奨。「シビアな展開で2着に粘った前走は強い内容。相手関係を考えても、今回は決めておきたいところ」と関係者。



ここは【社台オーナーズ】の勝負馬エスタジの連勝濃厚。これまで勝ち切れないレースが続いていたが、ブリンカーを着用した前走で一変。ゴール前は抑える余裕を見せて6馬身差の圧勝。稍重の馬場を考えれば勝ち時計も優秀。当時の2~4着馬はすでに未勝利を勝ち上がっているように、レースのレベルも高かった。「中間はノーザンファーム天栄に放牧へ出しリフレッシュ。その後も順調にきており状態は前走以上。コース替わりは問題ないので今回も好レースになるはず」と関係者。斤量2キロ減も有利で、前走に引き続き圧勝のシーンも十分。

対抗には【ゴドルフィン】の勝負馬アゴベイを推奨。古馬との初対戦だった前走で3着と健闘。しかし、陣営は「位置取りが後ろすぎて馬場の悪い内を通らされた分の負け」と納得していない様子で、良馬場ならば改めて期待できる。「やはり千四がベスト。もう一列前で競馬ができれば」と関係者。テン乗りとなる戸崎も追い切りに跨り好感触。



ここは【木村牧場】の勝負馬アロハブリーズの3連勝に期待する。前走はいつもより一列後ろの位置取りから、直線で外に出されると豪快に伸びて差し切り勝ち。「無理せずジックリ育ててきた甲斐があり、前走では成長を感じさせる走り。ここ2走は脚抜きの良い馬場での好走だが、パワーがついてきた今なら良馬場でもやれると思うよ」と関係者。

対抗には【岡田牧雄】オーナーの勝負馬エターナルフレイムを抜擢。当コースで全3勝をマークしている新潟専用機。「前走後は他の開催には目もくれず、得意の新潟を目標に調整してきた。硬さもなく、ひと追いごとに調子を上げており、休み明けでも力を出せる仕上がりだよ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬エクセランフィーユが、ここも楽々突破する。【馬連920円&3連単2万2130円】の完全的中をお届けした先週の土曜新潟12Rでは、対抗に抜擢したネリッサが鮮やかな差し切り勝ちを収めたが、この馬はデビュー戦でそのネリッサとコンマ1秒差の競馬。しかも、コチラは直線で前が詰まって立て直すロス。「この中間は天栄に放牧へ出し、新潟競馬場へ直接入厩。ロシュフォールと併せた今週の動きも上々。このあたりで足踏みする馬ではない」と関係者。

対抗には【社台オーナーズ】の勝負馬フィリアーノを抜擢。昇級の前走では7着に敗れたが「小回りで急がせる競馬は合っていない。距離も千六がベストだと思う」とレース後の丸山。コース替わりの今回は前進必至。



ここは【シルクR】の勝負馬ユナカイトで順番の鞍。クラブ側としても、アーモンドアイの妹をいつまでも1勝クラスを走らせておけない裏事情。「調教から真面目に走る馬で、今回も良い意味で動きに変わりはない。2か月ぶりだが、順調に調整できており力を出せる仕上がり。メンバー的にもここは取りこぼせない」と関係者。

対抗には【木村廣太】オーナーの勝負馬ネリッサを抜擢。2走前のアネモネSではユナカイトとコンマ3秒差の競馬。しかも、こちらは、ただでさえ不利な8枠スタートから痛恨の出遅れ。「距離が長すぎた前走のフローラSは参考外。放牧効果で体がひと回り大きくなりパワーアップ。左回りの方が走りがスムーズだし、ベストの舞台で1勝馬クラスなら、イキナリから勝ち負けになる」と関係者。



ここは【浅沼廣幸】オーナーの勝負馬デルマルーヴルで中心不動。ドバイで世界を相手に4着と健闘し、帰国初戦となった前走のJDDでも2着と、ダート路線なら世代トップクラスの実力。「前走は相手が強かっただけ。叩いて順当に良くなっているし、左回りの方が走りもスムーズ。重賞とは言え、メンバー的にもここは取りこぼせない」と関係者。戸崎Jから吉田隼Jへの乗り替わりに関しても「戸崎が先約を優先してのものであり、当人はコチラに乗りたがっていた」との裏ネタあり。

週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬メールドグラースの重賞3連勝に期待する。2走前の新潟大賞典で初重賞制覇。前走の鳴尾記念では、それがフロックでなかった事を結果で証明して見せた。今回は鳴尾記念からさらに斤量増となるが、関係者は「レーンからの乗り替わりになるが、以前から乗っていた川田Jなら何の心配もない。2か月ぶりでも前走と同じかそれ以上の状態にあり、目下の充実ぶりで良馬場なら、まず大丈夫でしょう」と自信満々。「清水久師は家族を連れて小倉入り」との裏ネタも。



小倉から川田を呼び寄せ、得意の洋芝で重賞制覇に意欲を見せている【野田みづき】オーナーの勝負馬ミッキーチャームに確信の本命印。「昨夏の北海道シリーズでは、3戦すべてで3馬身差以上の大楽勝。とにかく洋芝が得意で逃げなくても大丈夫。中山牝馬Sに前走のヴィクトリアMと、大きく負けたのは関東への輸送があった2回だけ。前走後はここを目標にシッカリ作ってきたし、滞在競馬なら崩れることはないでしょう」と関係者。



春の新潟千直で適性を示した【グリーンF】の勝負馬ファストアズエバーに確信の本命印。前走は接触してハミが抜けてしまうアクシデント。それでも3着するのだから千直適性は高い。中間は放牧に出して、この開催を目標に乗り込みは十分。当初は小倉の芝1200mと両睨みだったが、このレースに関西馬が出られる枠があるのを確認すると、迷わずコチラを選択。「前走で適性が見えた。この条件なら勝てる」と関係者。前走から2キロ減で絶好枠を引いたココは負けられない。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【シルクR】の勝負馬コンピレーションを推奨。前走はハナ・ハナの3着惜敗。「4コーナーで外へ膨れてしまったのが勿体なかったです」と嶋田純騎手。まだコーナーワークに難があるので、直線競馬は間違いなく合う。「スタートさえ上手く切れば、ここも良い勝負になる」と関係者。



かなり早い段階からルメールを確保し、重賞勝ちに意欲を燃やす【田中成奉】オーナーの勝負馬タイセイビジョンを狙い撃つ。「新馬戦は千四を使ったが、デビュー前から『ゆくゆくはスプリンターになるだろう』と話していた馬で距離短縮は問題ない。心配していた輸送も無事にクリアできたし勝ち負けになると思う」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【前田幸貴】オーナーの勝負馬ビアンフェを推奨。「母ルシュクルはすずらん賞勝ちに函館芝千二で2勝。姉ブランボヌールも函館2歳S&キーンランドCで重賞2勝と、洋芝が得意な血統で、デビュー前からここを目標にしていた馬。出遅れたデビュー戦こそ敗れたが、前走では勝負根性も見せて順当勝ち。無事に抽選も突破した上にこの絶好枠。幸運にも恵まれたので何とかモノにしたい」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【シルクR】にとって今週は勝負週。週明け22日より受付が始まる『2019年度1歳馬・第一次募集』の販売促進の意味も込め、勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイ。その中でも一番の目玉がプリモシーン。前走のヴィクトリアMでクビ差2着だった馬を、わざわざハンデのG3戦に出走させてきたのは、父ドゥラメンテの妹が総額5000万円で『2019年度1歳募集馬リスト』に名を連ねている事と無関係ではないだろう。その証拠にこの中間は1週前より栗東入りし英才教育。さらに、同日の芝1600mで行われる長久手特別に、福永Jの為にディロスを用意するなど必勝態勢。「栗東で鍛えた効果で腰回りの弱さも解消し、歩様も良くなった。GIで激走した反動もなく満足のいく仕上がり。今年はサマーマイル王を狙っており次は関屋記念を予定しているが、まずはここで力の違いを見せつけて欲しい」と関係者。

対抗には、前走のNHKマイルC10着から巻き返しを誓っている【キャロットF】の勝負馬グルーヴィットを推奨。「前走はグランアレグリアをマークする形で進んだが、直線ではグランアレグリアとダノンチェイサーに挟まれる形となり、その後も行くとく行くとこグランアレグリアに邪魔されてしまった。それでもラストまでシッカリ伸びて着順ほど負けていないし、距離にメドも立てたと言える内容。今回は2ヶ月振りになるが稽古の動きは文句なし。左回りは得意だしパワー型なので力のいる今の中京コースも大歓迎。ハンデにも恵まれたし、かなり自信がある」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【村瀬寛紀】オーナーにとって今週は勝負週。現在、所有馬は2頭のみだが、その2頭ともにお膝元の中京に浜中Jを起用し同日出走させている。昇級戦の前走で2着とクラス卒業にメドを立てたシホノフォルテ。「勝ち馬には突き放されたが、そのダンツキャッスルはユニコーンSでも3着に健闘。また、当時3着だったロフティネスはすでに1勝クラスを突破。休み明けでも体はキッチリできており、相手にも恵まれたここは決めておきたい一戦」と関係者。

対抗には【ロードHC】の勝負馬ロードリバーサルを抜擢。「前走では勝ち馬から2秒離された4着だが、6馬身差2着だったコンカラーと、そこからさらに5馬身差の3着だったマッスルビーチが次走で楽勝しているように、前走はかなりのハイレベル。幸い、今回はそこまで強い馬も見当たらないし、川田Jも確保できたので、前走以上は間違いないところ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【社台RH】の勝 負馬アンヴァルに確信の本命印。 1月のシルクロードS以来だが、今週の栗東坂路で自己ベストを更新する時計を マークと状態面は文句なし。「休養を挟んだ ことで馬に芯が入ってきた。体つきが大人になってきたし、追い切りの動きも申 し分なし。オープン特別のここは結果を出したい」と関係者。春には 大目標にしていた高松宮記念を賞金足らずで除外になった経緯。秋に大きい所を 目指す意味でも、ここは何が何でも賞金を加算したい1戦。

対抗には 【カナヤマHD】の勝負馬メイソンジュニア を抜擢。福島2歳S勝ちがある上に小倉で2勝と、平坦・小回りの短 距離戦がベストの舞台。「前走後は放牧を挟 んでこのレースを目標にしてきた。2歳時だけどオープンを勝ってるコースだし、 状態もいいのでチャンスは大きい」と関係者。



ブリンカー着用+川田起用で一変を目論んでいる【サンデーR】の勝負馬タンタラスに白羽の矢。「前走は序盤こそスムーズに運べたが、勝負所で外から次々に交わされヒルんでしまった。その後は成長を促す意味で放牧へ出してリフレッシュ。放牧先では500キロ以上にまで体が増え、栗東に帰厩後も大きな馬体減りもなく順調にきている。総額7000万円で募集した高馬を1勝馬クラスで終わらせる訳にはいかないからね」と関係者。

対抗にも【サンデーR】の勝負馬モアナアネラを推奨。「見た目は大きく変わっていないが、この2ヶ月で中身が変わってきた。中間は入念にゲート練習もしてきたので、今回はスタートも決まると思う。何とか秋華賞に間に合わせたいと思っている馬だけに、ここは昇級の古馬相手でも一発で決めておきたい」と関係者。



ここは【森保彦】オーナーの勝負馬シャインサンデーを狙い撃つ。近5戦すべて3着以内の安定感はメンバー中で一番。前走後はリフレッシュ放牧に出て【1-1-2-0】と相性抜群の福島芝1200mのココを目標に万全の仕上げ。「極端な道悪にならなければ大丈夫」と関係者。

対抗にはセレクトセール直前の今週は土日で合計11頭の大攻勢をかける【ノルマンディーTR】の勝負馬アイルチャームを推奨。「先週除外となったが、むしろ1本多く追えたのは好材料」と関係者。千直でもハナに行ける程のスピードの持ち主で、ポンと行ければ逃げ切り濃厚だ。



父ハーツクライの妹が【シルクR】の『2019年度・1歳募集馬リスト』に総額4000万円で名を連ねているブランノワール。妹の販売促進の意味も込めて先週の御在所特別(1勝クラス・中京芝1600m)に出走した兄ブレイニーランはキッチリ勝利。関係者も「兄に続け」と、2週連続での勝利を目指している。「前走後は成長を促す意味も込めて放牧に出し、先月14日に栗東へ帰厩。1週前の段階で9分どおり仕上がっており、最終追い切りに騎乗した川田Jの感触も上々。春にはオープンで差のない競馬をしていた馬だけに、1勝馬クラスなら、久々+古馬相手でも負けられないところ」と関係者。

対抗には、中央出戻り初戦の前走で2着に健闘した【キャロットF】の勝負馬ブルーメンクローネを推奨。「前走で体は14キロ減っていたが、まだ絞れる体つきだったし、休み明けとしてはあれくらいで丁度よかった。一度使って雰囲気はガラッと変わってきたし、叩き2走目で牝馬限定の今回はキッチリ決めてくれるでしょう」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【東京HR】にとって今週は勝負週。今週末の2日間には、先日発表された『2019年度新規募集馬』の販売促進の意味も含め、勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が複数スタンバイしている。

その中でも、父リアルインパクトの弟が募集馬リストに名を連ねているレッドアンシェルは、関係者の期待が大きな勝負馬。「初めてスプリント戦に挑戦した前走が圧巻の競馬。その前走が『生涯一番』とも言えるデキだったので当時には及ばないが、今回も力は出せる仕上がり。NHKマイルCで4着をはじめ重賞で何度も上位を争っている馬だし、ここに入っても見劣りはしない」と関係者。

対抗には【西山茂行】オーナーが、自身のブログでも「雨の道悪、望むところ」と綴っているセイウンコウセイを推奨。「高松宮記念の走りを見てもらえれば分かるように、中京の千二はベストの舞台。しかも、道悪は鬼。たとえ58キロだろうが休み明けだろうが、今回は負けてはいけないレースでしょう」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【石川達絵】オーナーの勝負馬キセキに確信の本命印。昨秋の毎日王冠で3着に好走して以降は完全復調。出遅れてしまった有馬記念こそ5着に敗れたものの、JCではアーモンドアイに真っ向勝負を挑みレコードを演出。前走の大阪杯でも2着と、菊花賞以来となるGI制覇が目前に迫っている。「正直、大阪杯の時が究極の仕上げだったので当時より少し落ちるのは確か。しかし、究極と言うのは120点を意味するもので、今回も100点までは仕上がっている。良い枠も引けた事だし、鞍上の性格を考えても恐らくハナに行くだろう。1コーナーの入りでシッカリ先頭に立てていれば、まず大丈夫」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬リスグラシューを抜擢。昨秋のエ女王杯を制してからは、牡馬一線級相手に差のない競馬。前走は香港で3着に敗れているが、勝ち時計の1分58秒8は従来のレコードをコンマ5秒上回る優秀なもの。2着のエグザルタントが次走で香港GIを勝っている事を考えても「価値ある3着」と言える。「この時期に競馬をするのは初めてだが、本当にタフな馬でカイバもバリバリ食べている。馬場や展開も向きそうだし、何より父親の来日でさらに手綱捌きが冴えているレーンが乗るのも心強い。最近はスタートが悪いので、最後入れになる大外枠を引けたのも大きいね」と関係者。

昨年の大阪杯でGI初制覇を飾ってからは煮え切らないレースの続いている【NICKS】の勝負馬スワーヴリチャードも侮れない存在。「5歳になって馬が大人になり、日本に帰ってきてからも非常に落ち着いている。右回りの外枠がプラスでないのは確かだが、スタートを決めて前目の位置を取れれば好勝負になると思うよ」と関係者。



ここは【シルクR】の勝負馬クレッセントムーンを狙い撃つ。休養前の前走で勝ち馬からコンマ4秒差の3着とクラスにメド。「前走後にソエが出たので無理せず放牧へ。先月16日に栗東トレセンへ帰厩し、坂路でキッチリ乗り込んできた。最終追い切りでは遅れたものの動きは良かったし、背中の動きがスムーズになり苦しさがなくなった。本格化は先だが素質は高く、500万なら古馬相手でもイキナリから勝ち負けになる」と関係者。

対抗には【飯田正剛】オーナーの勝負馬アヴァンセを推奨。「スタートの芝で行き脚がつかなかった上に、直線は左にササってまともに追えずの3着。それに、当時の東京ダートは内が優勢なコンディションで、上位2頭も内ラチ沿いを走っていた。右回りに替わってオールダートの今回は、間違いくパフォーマンスを上げられる」と関係者。



ここは【エンジェルR】の勝負馬キルロードの逃げ切り濃厚。「走りがワンペースで瞬発力を求められると辛いが、ジョッキーもそのあたりはよく分かっているし、ココまで相手が楽になって単騎で行けるとなれば、さすがに勝てるでしょう」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【社台RH】の勝負馬データヴァリューを抜擢。「障害帰りの前走が見せ場タップリの3着。ひと叩きの効果でデキも上向いているし、左回りは走りがスムーズ。芝スタートに戸惑わなければ勝ち負けになる」と関係者。



GI6連勝を目指しての出走となる【シルクR】の勝負馬アーモンドアイに確信の本命印。一部では、状態面や久々のマイルに対し色々と言われているが、関係者は「5月10日に美浦へ帰厩し、15日の追い切りでイキナリ抜群の動き。昨年のジャパンCの時が『これまでで一番』と言えるデキにあったが、今回は当時と遜色ない状態。ゲートに一抹の不安があるのは確かだが、多少の出遅れなら許容範囲。広く直線の長い東京コースなら、2400mより1600mの方が良いと思うよ」と雑音を一蹴。

対抗には、帰国初戦だったヴィクトリアMをひと叩きされ、思惑どおり上昇カーブを描いている【サンデーR】の勝負馬アエロリットを推奨。前走時は戦前より「フィジカル面での問題はないが、メンタル面で心配な部分がある」との評価。スタートもひと息で、ハナを奪うまでに脚を使い1000m通過56秒1の超ハイペースを演出。普通なら直線で失速し大敗してもおかしくないケースだが、自身も従来のレコードを更新する時計で駆け、勝ち馬からコンマ4秒差の5着に粘ったのは「さすが」のひと言。「前走で横山典Jが、シッカリ出して行ってくれたおかげで、馬がピリッとしてきた。馬体の張りも良く、状態は明らかに前走以上。土曜の結果を見ても分かるように、今の東京芝はインの先行馬が圧倒的に有利。これも味方に逃げ切りを狙いたい」と関係者。

重賞を制した舞台に戻り巻き返しを狙っているのが【シルクR】の勝負馬インディチャンプ。「プラス10キロの馬体が示すとおり、前走は中間に可愛がりすぎて太目が残ってしまった。今回は放牧先からスッキリした体で帰ってきたし、中間もビシッと追って悔いのない仕上げ。高速決着も望むところ。並居るGI馬相手でも大きな差はないと思っている」と関係者。



ここは【下河邉美智子】オーナーの勝負馬クイックファイアがキッチリ決める。「左回りだとか右回りだとかの問題ではなく、この馬にとって最も重要なのは気分良く走らせること。3走前の圧勝があるように、ジョッキーもその点はよく分かっているだろうし、普通に走ってくれば楽勝できるメンバーだよ」と関係者。

対抗には【竹園正繼】オーナーの勝負馬テイエムチューハイを推奨。「典型的な叩き良化型らしく、休み明けを使いつつ確実に良くなっている。今回はこの馬が最も走れる叩き3走目。攻めの動きからも好勝負は間違いないところ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように、サングレーザーとペルシアンナイトを安田記念に出走させている【GIレーシング】にとって今週は勝負週。看板馬のGI出走に合わせ、平場&特別戦にも多数の大ヤリ情報馬を送り込んでいる。前走で未勝利を圧勝したダイスアキャストも、関係者が連勝を期待している勝負馬。「前走は相手も弱かったので大差勝ちに大きな価値はないが、その後も順調にきているし、今回もメンバーが弱いのでアッサリ突破できると思う」と関係者。

ここは【稻井田有司】オーナーの勝負馬オンザロックスの押し切り濃厚。出戻り緒戦の福島戦で2着に健闘し、前走の東京戦では別定57キロを背負って2着と、福島での走りがフロックでない事を証明。「前走は早目に抜け出してしまった分だけ最後に捉えられてしまったが、勝ちにも等しい内容。漸く馬が復調してきたし、今回はキッチリ決めてくれるでしょう」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【キャロットF】の勝負馬サートゥルナーリアに死角なし。一部ではホープフルSからブッツケというローテや、馬なり主体の調整内容に疑問の声も上がっているが、関係者は「ホープフルSが7割だとすれば、今回は間違いなくそれ以上のデキ。兄のエピファネイアとリオンディーズは気性的な心配が常にあったが、この馬はそういう面での不安もない。前走で輸送もコースも経験したので、余計なレースを使う必要がなかっただけで、中間にアクシデントや調整遅れがあってブッツケになったのではなく、予定どおりのローテ。ハッキリ言えば、ここも通過点だと思っているし、伝説を作れる馬になって欲しい」と強気一辺倒。

対抗には、若駒S&若葉Sとリステッド競走を連勝しここへ駒を進めてきた【金子真人】オーナーの勝負馬ヴェロックスを推奨。内回りの2000mで連勝しているように、最大の武器はその機動力。また、前につけて粘り込む戦法は鞍上の川田ともベストマッチ。若駒Sでマークした時計は、あのディープインパクトを上回るもの。「まだ仕掛けてからスッと反応できないようなところもあり、本当に良くなるのはこれからだと思うが、エンジンが掛かってからの走りには大物感がある。揉まれこんだりした時に一抹の不安はあるが、川田ならそんな乗り方はしないだろうし、自信を持って積極的に乗ってくれれば、好勝負になると思う」と関係者。



前走でヘグった鮫島駿をクビにし、距離短縮+ルメール起用。GIデーのご当地開催で勝ちに来ているのが、京都ご当地馬主【ノースヒルズ】の大ヤリ情報馬メラナイト。「前走は、まともなら2着はあった競馬。これまでは先々を考えて千四を使ってきたが、恐らく千二がベストだと思う。直線で行き場をなくすような事さえなければ、まず大丈夫」と関係者。

対抗には【猪熊広次】オーナーの勝負馬パンサーバローズを推奨。「長期休養明けを叩きつづ確実に良化。500万は既に勝っているクラスだし京都とも好相性。デムーロさえシッカリ乗ってくれれば、勝ち負けは間違いないところ」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【ダノックス】の勝負馬ダノングレースに確信の本命印。【馬連1点1370円的中】をお届けした先週の福島民放杯でレッドローゼズを本命推奨した際にも触れたように『国枝厩舎&蛯名騎手』のコンビが、2週連続福島メイン制覇を狙っているうちの1頭。「4歳になって2連勝と本格化。十分に乗り込んできたので2ヶ月振りでもキッチリ仕上がっている。目下の充実振りでこの相手なら重賞でもイキナリから勝負になる」と関係者。中山牝馬S勝ちのフロンテアクイーンを温存した国枝厩舎にとっても、デンコウアンジュでなくこちらを選んだ蛯名騎手にとっても、ここは取りこぼせない一戦。

対抗には、悲願の重賞制覇へ意欲を見せる【サンデーR】の勝負馬フローレスマジックを推奨。「前走は気合乗りが悪くチークを着用。いつもより早目に動く競馬で5着と見せ場は作った。ひと叩きの効果で状態は間違いなく前走以上。ジョッキーも2度目だし、メンバー的にも今回はチャンスでしょう」と関係者。



来週の福島牝馬Sにダノングレースで参戦予定の『国枝&蛯名』コンビが、2週連続福島メイン制覇を狙って送り込んでいる【東京HR】の勝負馬レッドローゼスに確信の本命印。「中間に馬体が減ることがなくなり心身ともに充実期。前走でオープンにもメドを立てているし、良馬場なら好勝負になる」と関係者。

対抗には【広尾レース】の勝負馬クレッシェンドラヴを推奨。「追い切りの動きを見れば分かるように馬は絶好調。前走が力で捻じ伏せる強い勝ち方だったし、54キロのハンデなら昇級でもイキナリから」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【サンデーR】の勝負馬イシュトヴァーンに確信の本命印。「2ヶ月振りの実戦で体は増えているが、以前は520キロくらいで走っていた馬なので全く問題ない。前走は最内枠スタートから行き脚がつかず、初めて揉まれる厳しい競馬。それを克服しての勝利だけに価値がある。これまで3戦3勝と休み明けも苦にしないタイプだし、まだまだ伸びしろもあるので昇級でもイキナリから」と関係者。

対抗には、黒船賞から中8日での参戦となる【日進牧場】の勝負馬キングズガードを抜擢。「過去11戦10連対と阪神のダート千四は最も得意な舞台。58キロのハンデも背負いなれているので気にならない。8歳でも馬は元気一杯で、ある程度流れてくれれば十分に出番はある」と関係者。



前走の菊花賞でも本命推奨。対抗に抜擢したユーキャンスマイルとの『軸2頭マルチ』で【10万0590円的中】をお届けしたのが【GリビエールR】の勝負馬エタリオウ。「菊花賞は勝ちにいった分のハナ差負け。その後は無理せずJCや有馬記念を見送って年明けに備えてきた。器用さがなく中山の2500m向きとは言えないが、何せ1勝馬なので、ここは取りこぼしたくない。休み明けだろうが、適性外だろうが、このメンバー相手に負けていられない」と関係者。

対抗には、ブリンカーを外して前走の日経新春杯9着から巻き返しを誓っている【松本好雄】オーナーの勝負馬メイショウテッコンを推奨。「前走は状態も本物でなかったし、出遅れて途中から上がっていく不本意な競馬。今回は中間の調整も順調で状態面は雲泥の差。スタートを決めてロスなく運べば勝ち負けになると思う」と関係者。



ここは、知る人ぞ知る阪神ご当地馬主【五影慶則】オーナーの勝負馬ランスオブプラーナの逃げ切り濃厚。「前走があまりにも楽な競馬だったので、疲れは全くなく馬は元気一杯。恐らく2着では皐月賞出走は厳しいので、何としても絶好枠を生かして逃げ切って欲しい」と関係者。先日、弥生賞を勝ったメイショウテンゲンが三浦Jで皐月賞に出走することが発表されたが、実はこれには、主戦の池添Jはサトノルークスで、500万勝ちの時に騎乗していた松山も「毎日杯を勝ってこの馬で皐月賞に向かいたい」と返答した裏事情。

対抗には、こちらも皐月賞出走にはここでの勝利が絶対条件となる【社台RH】の勝負馬ヴァンドギャルドを推奨。実はこの馬、当初は岩田康Jの騎乗が予定されており、1週前の稽古にも岩田康Jが跨っているのだが、それをルメールに変更しているように、関係者の勝負度合は相当なもの。「2走前はゴール前で致命的な不利。前走は馬場も合わなかったし、京都の下り坂でリズムを崩してしまった。阪神コースに替わるのは良いし、ここはこれまでの経験値を生かして勝ち切って欲しい」と関係者。



ここは【GIレーシング】の勝負馬エルリストンを穴で狙う。6歳にして今回が初ダートとなるが、関係者は「ダートならバケモノの可能性がある」とキッパリ。実際、北海道滞在時にダートでの追い切りでは、圧巻の動きを見せていた。「これまでに何度か鼻出血をした事がある馬で、稽古では手加減する面もあったが、この中間はビッシリと攻めることができた。イキナリ動けるデキにあるし、狙うなら一発目だよ」と関係者。

対抗には【NICKS】の勝負馬スワーヴアラミスを推奨。「ダートでは底を見せていないし、昇級の前走でクラスにメド。叩き2走目でジョッキーも2度目の今回は、キッチリ決めてくれるでしょう」と関係者。



ここは【ウイン】の勝負馬ウインイクシードを狙い撃つ。前走は勝負所で包まれて動くに動けず、直線でも前が壁になって追い出しが遅れる不完全燃焼の競馬。「中間は放牧を挟んでここ目標。休み明けでも状態は前回より上。この条件が一番合っているし、2走前のように前々で積極的に運べば勝ち負けになる」と関係者。

対抗には【近藤英子】オーナーの勝負馬イェッツトを推奨。「まだまだ馬は未完成だが、かなりの能力を持っている。過去2勝に京成杯でも僅差3着と中山二千はベストの舞台。昇級のここも通過点だと思っている」と関係者。



ここは【山田信太郎】オーナーの勝負馬バーニングペスカに確信の本命印。「休み明けになるが時間をかけてジックリ乗り込んできたのでイキナリから力を出せる仕上がり。出遅れた前走でも2着までこれたように馬も力をつけている。出遅れたのは恐らく間隔が詰まってテンションが上がってしまっていたのが原因。今回は意図的に間隔をあけて馬もリフレッシュしているので、キッチリ出ると思うよ」と関係者。

対抗には【ゴドルフィン】の勝負馬デザートストームを推奨。「初ダートの前走が、コチラの想像を上回る鮮やかな勝ちっぷり。揉まれずに運べる絶好枠も引けたし、前走の内容なら昇級でもイキナリから通用する」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【ダノックス】の勝負馬ダノンプレミアムに確信の本命印。ダービー後は爪の不安などもあり放牧に出されて完全休養。今回は9ヵ月半振りの実戦となるが、関係者は「先週の時点では少し重かったが、3日に跨ったら別馬のように素軽くなっていた。最終追い切りに跨った川田Jの感触も良かったし、完璧とまではいかないが、力を出せる状態には仕上がっている」とデキに太鼓判。

対抗には、4連勝でチャレンジCを制すなど、一気に素質が開花した【ラッキーF】の勝負馬エアウィンザーを推奨。今回はさらなる相手強化となるが、関係者は「2走前くらいから真面目に走るようになり、ここ2戦は完勝と言える内容。本格化した今ならこのメンバー相手でも勝負になると思うし、大阪杯が楽しみになるようなレースを見せて欲しい」と自信満々。



ここは【サンデーR】の勝負馬ルガールカルムの差し切り濃厚。前走のクロッカスSでは2着に敗れたが、スタートがひと息だった上に、いくら東京でも千四は短かった印象。「前走をひと叩きして状態は上向き。前走でオープンでもやれることは証明できたし、今回は新馬勝ちした舞台。重もこなしているので雨が降っても大丈夫」と関係者。

対抗には【シルクR】の勝負馬ユナカイトを抜擢。「前走は京都への輸送が堪えてしまった。その後はひと息入れて立て直し、体調は明らかに前走以上。オープンと言っても1勝馬同士だし、上手く捌ければ勝ち負けになっていい」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【金子真人】オーナーの勝負馬バニーテールに確信の本命印。「前走は直線で少し窮屈なところがあったからね。スムーズなら2着はあったと思う。放牧を挟んだが、前走ぐらいは走れる状態に仕上がっている。今回は牝馬限定戦だし普通に回ってくれば勝ち負けでしょう」と関係者。

対抗には、京都ご当地馬主【キーファーズ】の勝負馬グアンを抜擢。「前走後は放牧に出して立て直し。ここを目標に力を出せる仕上がり。クラス卒業のメドは立てているし、前々でスムーズに流れに乗れば」と関係者。



ここは【近藤利一】オーナーの勝負馬アドマイヤビクターの連勝濃厚。5ヶ月振りの前走が全くの大楽勝。休養前には、既に準OPを勝ち上がり東京大賞典でも5着に健闘したエイコーンを負かしているのだから昇級のカベはない。「逃げて最速の上がりをマークした前走は強い内容。前走でキッチリ仕上げていたので大きな上積みはないが、その分、久々を好走した反動もない。今回も単騎で行けそうな組み合わせだし、レパードSの時のような出遅れさえなければ、まず大丈夫」と関係者。

対抗には【石瀬浩三】オーナーの勝負馬デザートスネークを抜擢。これまで黛Jを起用し続けてきた陣営だが、前走の消極的な騎乗に堪忍袋の緒が切れ、今回は関東リーディングトップと好調な三浦Jにスイッチ。「切れない馬なのに前走はスローに落としすぎ。積極的な競馬から消耗戦に持ち込めば勝ち負けになる」と関係者。



いよいよ今週からは1回東京開催がスタート。その開幕週には、オーナーの地元開催に勝利を義務づけられて出走する大ヤリ情報馬が多数スタンバイしている。

東京ご当地馬主【天白泰司】オーナーの勝負馬テンワールドレイナも、関係者がオーナーの地元開催で勝利を期待している1頭。「休み明けの前走でプラス14キロと体がひと回り成長。差す競馬を覚えてレース振りも安定してきたし、中間も順調にきているので、今回も崩れる事はないと思う」と関係者。

対抗には【ゴドルフィン】の勝負馬ソロフレーズを推奨。昇級後は掲示板止まりのレースが続いているが、ここ2走の時計は十分にクラス突破レベル。「今回と同じ舞台だった2走前は、前行く2頭が直線で外へ外へと張り出し、その度に進路を取り直すロスがあってのもの。直線で上手に捌ければ勝ち負けまで持ち込める」と関係者。



ここは【吉田和子】オーナーの勝負馬ハニージェイドの差し切りに期待する。「前走は本当にカイ食いが悪く、関東への輸送も加わって大幅な馬体減。中間は放牧に出して体も戻している。テンに速い馬が揃った今回は展開も味方してくれるでしょう」と関係者。

対抗には【ウエストヒルズ】の勝負馬ヒロシゲゴールドを推奨。「ブリンカーをつけて先手を奪う競馬に転じたここ2戦で一変。特に前走の時計はオープンでも通用するもの。同型は確かに多いが、絶好枠も引けたし、スタートさえ決めれば昇級でも」と関係者。



昇級の前走でイキナリ2着とクラスにメドを立てた【吉澤克己】オーナーの勝負馬ヌーディーカラーに確信の本命印。「スタートさえ決まれば前走くらいやれて当然の馬。過去2勝している京都へのコース替わりもプラスだし、とにかく今回もスタートだけ。中間もキッチリ練習してきたのでキッチリ出ると思う」と関係者。チーク着用で安定感が増し、素質に体が追いついてきた今なら、まず崩れない。

対抗には【松本好隆】オーナーの勝負馬メイショウラケーテを抜擢。「降級してから500万を勝つのに時間がかかったが、昨年のこの時期には1000万で2戦連続2着がある。レースに幅が出てきたのは大きな収穫。引き続き状態も安定しているので、今回も好勝負になると思う」と関係者。



休み明けの前走では出遅れ響いて4着に敗れた【吉田和美】オーナーの勝負馬フィアーノロマーノの巻き返しに期待する。「中間はみっちりゲート練習をしてきたので、前走のような事はないと思う。春に現級を勝っている馬だし、叩き2走目の今回は、間違いなくパフォーマンスを上げられる」と関係者。阪神に居残り騎乗となる川田Jも『本日一番』に星勘定。

対抗には、ホープフルSにヴァンドギャルドを出走させている【社台RH】の『GI裏』の大ヤリ情報馬サプルマインドを抜擢。「休み明けの前走はプラス12キロが大誤算。あの敗戦でハンデが53キロになったのはラッキーだった。叩いて順当に良くなっているし、一発の可能性は十分にある」と関係者。



【土曜阪神7R】でナムラマルを対抗に抜擢。本命推奨したサトノシリウスとの『軸2頭マルチ』で【6万1750円的中】をお届けした馬主関係者のオススメが、オーナーの地元開催に勝利を義務づけられて出走する、阪神ご当地馬主【奈村信重】オーナーの勝負馬ナムラミラクル。追い込み決着となった前走の武蔵野Sでも、積極的な競馬から見せ場タップリの3着。「最近は左回りで結果を残しているが、決して右回りがダメなわけではない。短期放牧の効果で状態面も文句なし。今回はキッチリ勝って賞金を加算しておきたい」と関係者。

対抗には【社台RH】の勝負馬ユラノトを強調。「前走の武蔵野Sは鼻出血明け。それでも渋太く伸びて4着と重賞にもメド。当然、叩いた今回は前走以上のデキ。上積みや右回りなどを考えれば、ナムラを逆転できる」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【里見治】オーナーにとって今週は勝負週。有馬記念がラストランとなるサトノダイヤモンドの引退に花を添えるべく、多数の勝負馬が出走しているが、このサトノシリウスも、関係者が一発目から勝ち負けを期待している『GI裏』の大ヤリ情報馬。「未勝利戦を好時計で快勝し、格上挑戦だったプリンシパルSでもコンマ3秒差の競馬。勝ったコズミックフォースはダービー3着で、当時の2着馬と4着馬はすでに1000万を卒業している。その比較からしても、この馬にとって500万は通過点」と関係者。

対抗には、オーナーの地元開催に勝利を義務づけられて出走してきた、阪神ご当地馬主【奈村重信】オーナーの勝負馬ナムラマルを抜擢。「中1週続きだが疲れも見せずデキは安定している。切れる馬ではないので理想はハナ。それが叶いそうな今回は、前走以上にやれると思う」と関係者。



2016年のセレクトセールで1億3500万円の値がついた【里見治紀】オーナーの勝負馬サトノオンリーワンの出たトコ勝ちに期待する。未勝利を脱出するまでに9戦も要してしまっが、新馬戦ではステルヴィオとコンマ3秒差の接戦を演じた実力馬。「休み明けになるが、馬はボリュームアップして芯が入ってきた感じ。疲労が蓄積していた休む前より状態はいい。持てる能力を出し切れば、500万で足踏みするような馬ではない」と関係者。

対抗には【GIレーシング】の勝負馬タンタフエルサを推奨。「前走は4着に敗れたが、スタートで挟まれて位置取りが悪くなった上に、直線でも前が壁。それでも最後まで諦めず差を詰めていたようにブリンカーの効果は窺えた。中間の動きは更に良くなっているので、後はジョッキーの手腕に期待だね」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように【シルクR】にとって今週は勝負週。看板馬プリモシーンのターコイズS出走に合わせ、平場&特別戦にも多数の有力馬を送り込んでいる。

前走で人気を裏切ったミトロジーも、関係者が巻き返しを誓っている勝負馬。「ゲートが安定しない面は相変わらずだが、この中間は非常に中身の濃い調教メニューを消化できている。2週連続で稽古をつけたアヴドゥラJも手応えを掴んでいるし、未勝利を快勝した舞台に戻る今回は、前走以上にやれると思う」と関係者。

対抗には、中山ご当地馬主【ダノックス】の勝負馬ダノンキングリーを推奨。「2ヶ月振りの実戦になるが、稽古に跨った戸崎Jから『デビューの時よりも随分と良くなっている』とのお墨付きも貰っているし、昇級でもイキナリから勝ち負けになる」と関係者。



南部杯とチャンピオンズCを制したルヴァンスレーヴに代表されるように、今年の3歳世代は芝だけでなくダート路線もハイレベル。メンバーの揃ったここも3歳馬を上位に取る。

本命には【小笹公也】オーナーの勝負馬テーオーエナジーを推奨。兵庫CSを制した際には『世代一番』との声も聞こえていた実力馬。日本ダービー挑戦からリズムを崩したが、前走のJBCクラシックでは復調を感じさせる走り。「前走は良化途上だったし展開も厳しかったが見せ場は作ったからね。その後は交流重賞なども考えたが、確実に賞金を加算するためにこのレースを選んだ。2着では意味がないので、何としても勝って欲しい」と関係者。

対抗には【中西忍】オーナーの勝負馬チュウワウィザードを抜擢。「先週のGIに挑戦するプランもあったくらいなので、久々でもキッチリ仕上がっている。どんな展開にも対応できる強味があるし、底も見せていないのでオープンに入っても楽しみ」と関係者。



前走の4着から前進を誓っているのが【シルクR】の勝負馬ルナステラ。その前走は、小回りの福島で出遅れた時点で万事休す。道中も外々を回らされるなどチグハグな競馬。「以前はよく熱発するなど体質が弱かったが、休養効果で体も増えて馬は良くなっている。叩き2走目で鞍上強化となる今回は、間違いなく前走以上にやれると思う」と関係者。

対抗には、阪神JFにレッドアネモスを出走させている【東京HR】の『GI裏』の大ヤリ情報馬レッドエクシードを推奨。「前走が4馬身差の大楽勝。しかも、当時2着のメラナイトが次走で未勝利を勝っているのだから価値がある。背腰がパンとして体質も強くなってきたし、この相手なら昇級でも」と関係者。



ソウルスターリング、メジャーエンブレム、アパパネ、ブエナビスタ、ウオッカなど、歴代の勝ち馬には名牝がズラリ。「阪神JFは翌年の牝馬クラシックの主演女優を選ぶレース」と言える。

来年の牝馬クラシックの主役候補は、次週の朝日杯FSで牡馬相手にGI制覇を狙うグアンアレグリアが最右翼だが、そのグランアレグリアに新馬戦でコンマ3秒差まで詰め寄った【ダノックス】の勝負馬ダノンファンタジーにも、主役を張るだけの資質は十分にある。

前述のように新馬戦ではグランアレグリアの後塵を拝したが、ポジショニングの差が勝敗を分けたのであって、あの2馬身差が、そのまま実力差と言うわけではない。しかも、走破時計の1分33秒9は、アルテミスSの勝ち時計とコンマ2秒差。それを6月の新馬戦で叩き出したのだから、能力に疑う余地はない。その後はプラス18キロとひと回り成長した馬体で未勝利戦を快勝すると、続くファンタジーSでは騎乗した川田の「次の事を考えて千四ではなく千六をイメージしてゆっくりとレースをした」との言葉どおり、中団でシッカリと脚をため、ラストは最速の上がりをマークし完勝。「カイ食いも良く体を維持できているので、予定どおりの調教メニューをこなすことができた。状態面に関しては不安なところが一切ない。グランアレグリアにリベンジを果たす為にも、こんなところで負けてはいられない」と関係者。

対抗には、週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【金子真人】オーナーの勝負馬ビーチサンバを抜擢。藤岡康から福永への乗り替わりには「最高の騎乗でワグネリアンをダービー制覇に導いた福永に、バースデーVを飾らせてやろう」という、オーナー&厩舎サイドの思惑も絡んでいるであろう事は、容易に想像がつく。「前走は早目に抜け出した分だけ最後に差されてしまったが、時計を大幅に短縮し一線級相手でも十分に戦えることを証明してくれた。中間の調整も上手くいったし、今回も上位争いは間違いないところ」と関係者。



4連覇をかけて目イチの勝負気配にあった中山ご当地馬主【林正道】オーナーの勝負馬アルバートの取消により、風雲急を告げたこのレース。ここは【辻牧場】の勝負馬リッジマンにとって重賞制覇の大チャンス。「札幌戦の後は余計なレースを使わず、ここ1本を目標にやってきた。夏を越して馬も成長しているし、何より口向きが良くなった事が大きい。長丁場特有のスタミナ比べになれば誰にも負けない自信がる」と関係者。

対抗には【近藤利一】オーナーの勝負馬アドマイヤエイカンを推奨。「札幌2歳Sを制してからは暫く低迷期が続いていたが、今年の1月に復帰してからは2400m以上で崩れ知らず。心肺機能が高く折り合いに面に不安がないので距離も大丈夫」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨しているように、社台系1口クラブ【キャロットF】にとって今週は勝負週。看板馬レイデオロのチャレンジC出走に合わせ、平場&特別戦にも多数の勝負馬を送り込んでいるが、このトゥザフロンティアは、関係者が確勝を期して平場戦に出走させてきた大ヤリ情報馬。「当初は中京の特別戦も考えていたが、前走で騎乗したムーアの進言もあり最終的には千八のここを選択。ブリンカー+減量期用の今回は、もう負けられない」と関係者。

対抗には【中村徳也】オーナーの勝負馬ナンヨープランタンを推奨。「出遅れた前走でも上位とは差のない競馬。中間はゲート練習もしてきたし、スタートさえ5分なら逆転まで」と関係者。



週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【シルクR】の勝負馬アーモンドアイに確信の本命印。「秋華賞を叩き台にして、ジャパンCで100%の仕上げ」は、関係者が当初から描いていた青写真。天皇賞・秋を快勝したレイデオロでさえ有馬記念に直行させ、土曜は京都で騎乗予定だったルメールを、万全を期して土曜から東京で騎乗させるなど、周囲の動きからも関係者の本気度は明らか。「先週と今週の動きを見ても分かるように、デビュー以来最高のデキに仕上がった。来年は世界一を目指している馬だし、53キロなら初の古馬相手でも負けられない」と関係者。

対抗には、毎日王冠・天皇賞[秋]と、使われるごとに内容が良化している、東京ご当地馬主【石川達絵】オーナーの勝負馬キセキを抜擢。秋3走目となる今回、さすがに上積みは厳しいと思われたが、関係者は「冗談抜きに前回より良い。と言う事は、菊花賞を勝った時よりも遥かに良いと言う事だよ」とキッパリ。「どんな展開にも対応できるのが大きな強味。他が行かなければ行っても良いし、番手からでも全く問題ない。後続に脚を使わせる先行策を秋の2戦で徹底してきたのはココへの布石。差し比べでは分が悪いが、直線を向いた時点で後続と5馬身くらいのリードがあれば勝機もある。もちろん、ジョッキーもそういう競馬をしてくれるでしょう」と関係者。

多くの陣営がアーモンドアイに対し白旗を揚げる中で、この陣営だけは本気で逆転まで目指している。



前走の萩Sで、放馬による疲労の為に出走取消となった、京都ご当地馬主【前田幸治】オーナーの勝負馬ブレイキングドーンに確信の本命印。今回はその影響が気になるところだが、関係者によれば「出そうと思えば出走できたレベル。取り消しの影響がないどころか、ひと息入れた効果で馬はかなり良くなっている」との話。某関係者からは「どんな馬が相手でも負ける気がしない」との衝撃発言も。

【前田幸治】オーナー率いる【ノースヒルズ軍団】は、同馬の他にも京阪杯に出走するグレイトチャーターを筆頭に土日合計14頭出しと大ヤリ態勢。特に今年のラストウィークとなる地元・京都開催には、多数の勝負馬を多数送り込んでいる。

対抗には、札幌2歳S3着から巻き返しを狙っている【キャロットF】の勝負馬クラージュゲリエを推奨。前走の勝ち馬ニシノデイジーは先週の東スポ杯2歳Sで重賞連勝を飾っており、クビ差+クビ差の3着なら悲観する内容ではない。「先週の追い切りではかなり行きたがっていたが、今週は折り合いもついていた。当日も落ち着いて臨めれば勝ち負けになると思う」と関係者。





神戸新聞杯で最速の上がりをマークしダービー馬を半馬身差まで追い詰めた【GリビエールR】の勝負馬エタリオウに確信の本命印。「前走は普通ならとても届かないような位置からよく追い上げた。入れ込むタイプではないので距離延長に不安はないし、前走をひと叩きして、この馬なりに素軽さも出てきたので、好勝負は間違いないところ」と関係者。

対抗には、本命推奨した前走の阿賀野川特別で馬連&馬単W的中をお届けした【金子真人】オーナーの勝負馬ユーキャンスマイルを抜擢。その後は早々に武豊を確保し、トライアルは挟まずにここ1本で調整。「稽古ではエタリオウに先着と文句ない動き。以前は右回りだとモタれるところもあったが、トモに力がついたことでそれも解消。阿賀野川特別を勝って菊花賞は、昨年3着だったポポカテペトルと同じローテだが、昨年以上にやれる手応えはある」と関係者。



マイルCSに3頭の管理馬を出走させている池江寿厩舎の関係者から『今週一番』の声も聞こえてきたのが【キャロットF】の勝負馬トゥザフロンティア。総額1億円で募集されたクラブ期待の馬だけに、いつまでも500万条件で足踏みしていられない裏事情。「休み明けの前走は勝ち馬が強すぎただけで、この馬もシッカリ走っている。叩いて順当に良くなっているし、今回はキッチリ決めて欲しい」と関係者。

対抗には、在厩馬7頭中3頭を出走させている、今週の影の勝負馬主【原禮子】オーナーの勝負馬オメガラヴィサンを推奨。「稽古の動きなら厩舎でも一番。コイツは間違いなくオープンまで行ける馬。久々でも力は出せる仕上がりにあるので、一発目から勝負だよ」と関係者。





週中の大人気コンテンツ【今週の注目馬主】にも推奨している【原禮子】オーナーの勝負馬オメガパフュームに確信の本命印。「ここ2走は馬込みでも我慢できているように、一戦毎に成長を見せている。前走のダメージも少なく状態は文句のつけようがない。いい枠も引けたし、前走のように和田Jが自信を持って乗ってくれれば結果はついてくる」と関係者。

対抗には、シリウスS3着から前進を目指している【松岡隆雄】オーナーの勝負馬サンライズソアを推奨。「前走の上位馬とは斤量差もあったし、外枠スタートから先行するまでに脚を使ってしまったのが最後に響いた形。叩き2走目でジョッキーも2度目。重賞勝ちのある舞台に替わり内目の絶好枠となれば、前走以上は間違いないでしょう」と関係者。



「馬主情報なら全てのレースを100%的中させられる」とは言いませんが、馬主の勝負に便乗した方が「間違いなく儲けられる筈!」と自信を持って断言します。

「買い」情報を配信して欲しいメールアドレスを入力し、【情報無料入手】のボタンを押して下さい。